過食の仕組み
美味しく食べて 綺麗で健康 穏やかな暮らし 完全無料で 過食を安定してとめ続ける

センターが考える過食の仕組み

過食衝動が起こるから過食をする

過食をやめたくてもやめられないのは過食衝動があるからです。
食べることに心を奪われて居ても立ってもいられなくなったり、食べたくてソワソワするような感覚が過食衝動です。

我慢できるくらいの弱い衝動から、すぐに食べないと居られない位の強い衝動まで、過食衝動の強さは、その時々によって変化します。
一日中薄っすら弱い衝動が続くこともあれば、短時間で一気に強い衝動が起こることもあります。

「過食を止める=我慢する」ではありません

「我慢できた」というのは、すでに「過食衝動」はあるものの、過食だけを我慢している状態です。
1回分過食を乗り切れたとしても、あくまで表面に現れた症状をかき消しただけで、過食衝動自体が消えたわけではありません。我慢した反動で量が2倍、3倍に増えてしまう危険もあります。

一人で悩んでいる間は、「我慢して何とか止めよう」という方向に意識が向きがちです。
残念ながら、我慢で過食を止め続けることはできません。抑えつけた過食は、いつか必ず再発してしまいます。

過食を止めるには過食衝動を無くしましょう

過食衝動が無くなり、無理なく自然に過食が止まれば、我慢する反動で過食してしまう危険もありません。健康な体を取り戻しやすくもなります。

センターでは、この「過食衝動を無くす」というポイントに重点を置き過食を止めるための相談を行っています。
相談者の9割以上の方が過食・嘔吐、下剤乱用がストップまたは軽減します。

過食衝動を無くして過食を今すぐ止めたい方は、SUGUとま相談を参照してください。

220119h