摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

嘔吐による吐きダコの画像(実際の写真)

「吐きダコ」とは、嘔吐を繰り返すことで手に出来る「たこ」のことです。
赤い○で囲まれた部分が吐きだこです。


モデル:女性 吐きダコ画像

目立つ吐きダコ、どうしてできちゃうの?

指を挿入し、嘔吐反射を引き起こす吐き方を頻繁にしていると、手の甲や指にタコが出来ることがあります。




もともと「たこ」は、慢性的な局部的圧力や刺激から守るため部分的に角質が厚くなったものです。手で吐くとき、慢性的に歯が皮膚を刺激することによってタコができます。

嘔吐する際の歯と皮膚

吐きだこがあることで、周囲に過食嘔吐がばれないか気にしている人もたくさんいます。

目立つ場所にあるため、友人や家族に尋ねられることもあります。


とっても目立つ場所だけど、一度出来ちゃうと、もう治らないの??


そんなことはありません。嘔吐が無くなれば目立たなくなります。
ただ、吐きダコのないやわらかい手に戻すには、嘔吐を止めてから皮膚が回復するまである程度の期間がかかります。過食が再発し、手や指を使う嘔吐が続けば、吐きダコはいつまでも手の甲や指の関節から消えません。
自らの皮膚を傷つけてまでも、過食嘔吐という症状は止められないのです。


みんな、最初はつるつるの手だったのに。
これ以上嘔吐が増えちゃうと、手が痛くなってチューブ吐きになったり、スプーンを使って吐くようになっちゃうかも知れないんだね。


吐きダコを無くすには、嘔吐を止めるしかありません。
吐きダコを治したい人は、過食症無料相談も覗いてみて下さいね。

 

170521h