摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤乱用)相談
- 読めば止まるホームページ -

読むだけで過食が止まるホームページ

過食の止め方、治し方を何度もインターネットで探し、その度に落胆していませんか?
病院やカウンセリングなどあらゆる治療を試みたものの過食が止まらず、治すことを諦めかけていませんか?

このホームページは読むだけで過食、過食嘔吐を止めることができます。
読んでいくうちに気持ちが楽になったり、過食症の怖さを知ったりすることで症状が止まりやすくなるように作られています。

ここではまずホームページを読み進めていくうえで基本となる考えを紹介します。


過食、過食嘔吐を繰り返してしまうのは、あなたのせいではありません。

過食や過食嘔吐をやめられない自分を責めていませんか?

摂食障害は、ただでさえ「自分の意志が弱いから」と自責の念にかられやすい病気だと思いますが、さらに身近にいる両親や夫から「欲望をコントロールできないダメな奴だ」と怒られたり、ときには病院の先生に「意志の問題だ」と言われてしまったり、そういった経験からますます「自分が悪い」という思いを強め、一人で悩み続けてしまう方も少なくありません。

しかし、過食、過食嘔吐を繰り返してしまうのは、あなたのせいではありません。

過食や過食嘔吐を止めたくても止められないのは、過食衝動があるからです。
過食衝動は病気によって引き起こされるもので、自分でコントロールできるものではありません。
無理に抑えつけたり我慢したりしようとすると、反動で過食が増えてしまうケースも多いです。

「風邪をひいている人が咳をするように、過食症の人が過食するのは当たり前のこと」ということを、まずは頭で理解してください。
あくまで自己責任ですが、病気だからいつでも過食していいし、吐いてもいいんだよ、という心持ちでいるくらいが良いでしょう。

症状が出ても自分自身のことを責めないでください。


摂食障害の怖さを知りましょう。

「過食や過食嘔吐を繰り返すのは病気だから仕方がない。自分を責める必要はない。」と聞くと、気持ちが少し軽くなるような気がする一方で、「その言葉に甘えて際限なく過食をしてしまうのではないか?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

その不安はもっともなものです。

実際に「過食や過食嘔吐はあなたが必要としているのですよ」という説明をしてくれる病院の先生もいるようですが、そこでとどまってしまうと、「じゃあ自分を責めないで、いくらでも食べていいんだ」と、今度は歯止め無く過食し続けてしまうでしょう。


センターでは、症状を我慢しない代わりに「病気の怖さや大変さをしっかりと認識すること」を歯止めとしています。

過食症という病気がどのような病気で、過食や嘔吐を続けると心身にどのような影響が出てくるのかを知っていますか?

センターではこれまで19年間で6万人以上の相談を受けていますが、この病気について本当の意味で理解していた方はほとんどいないと言っても過言ではありません。

「はじめは好きなものを沢山食べられて太ることも無い便利な癖と思っていた」という方も多く、過食や嘔吐の症状に悩み、苦しんでいるにも関わらず、病気であることや病気の怖さを理解していない方がほとんどです。

摂食障害は難病です。
病気の怖さを知らない、理解できないで何もしなければ内臓がどんどん老化し弱っていきます。
皮膚も老化するため実年齢より老けて見られるようになります。
悪化すれば仕事や家事、育児、日常生活ができなくなる可能性もあります。

過食を止めるには、「自分を責めない」だけでなく「歯止めを作る」の両方が必要です。

センターのホームページでは病気についてかなり詳しく書かれていますので、ぜひ読み進めてください。

過食症が人生を蝕む悲惨な病気だということを理解し、ゾクゾクっとするくらいリアルに怖さを感じることが心理的な歯止めになり、過食や嘔吐が止まるようになります。

過食をすぐに止めたい方、より確実に止めたい方

ホームページを読んでから過食が止まったり減ったりする方が大勢いますが、読むだけで完治することはありません。
何もしなければすぐにもとに戻ります。

もとに戻る前に過食が止まる匿名相談を受けることで症状が安定して止まりやすくなります。

また、症状に変化が無い方も、ホームページを読んだ直後の過食が止まりやすい心の状態ですぐに相談を受けるとより効果的です。

難病である摂食障害をこのまま何もしない選択をするのは非常に危険です。
何とかなると思ったり、やるかやらないか迷ったりしているうちに、症状が悪化して後悔する方も多いです。
一刻も早く、病院や精神科での治療を行うか匿名相談を受けることをお勧めします。

180413h