摂食障害過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤の止め方相談卒業ページメッセージ一覧>過去のメッセージ

過去の卒業メッセージ(その3)

広島県在住 24歳 女性
メルヘン色のお花達が、ぼ〜っとしている私に、「夢じゃないんだよ」と、教えてくれています。
これからも、大好きな皆の傍で、・・・私は、ずっとずっと幸せに、暮らしてゆけるのでしょう。
大切な大切な皆・・・。
ありのままの、そのままの皆が、とてもとても大好きです。
皆の存在そのものが、私の、きらきらの宝物です。 生まれ変わる私を、見ていてね。
私も、大好きな皆のコト、ずっとずーっと、見ているよ。

お祝いメッセージ
茨城県潮来市在住 24歳 女性 会社員
卒業、本当に本当におめでとう!!!
「ここに来ることができて、皆に会えて本当に幸せです」と終了する時に話したね。
いろんなあなたを見てきたけど、ここ数週間で大きく変化したような気がする。
その事を私のチビは気付いてて、辛い時、誰も受け入れられない時、同じように大きな存在、支えだった。 本当に安心できて、素直に心が開けた。
いっぱい、いっぱーい、ありがとう。これからも宜しく、です。
本当におめでとう。嬉しいよ。ポカポカだよ。実家に帰って、ゆっくりと休養してきてね。

山形県米沢市在住 25歳 女性 
過食嘔吐6年。
相談前は毎日1〜3回過食嘔吐していましたが、現在は2ヶ月止まっています。
本当にみんなのおかげです。自分だけじゃ、絶対中断してた。
全然症状とまらなかった。長かった・・・周りが止まっていくのが、すごくうらやましくて、そう思う自分がすごくいやらしく思えて。 今考えれば、ここで来なくなっていてもおかしくなかったと思う。でも、中断しなかったのはみんながひっぱってくれたからです。
防衛反応や、先生に対するマイナス感情が出てきたときも、みんながいるから来れた。本当にありがとう。これしか言えません。
楽しいはずの大学生活を丸々この病気に費やして、仕事し始めてからも続いて、自分の中では時が19歳で止まってるように感じてた。
でも、あの日々がなかったら今の自分はない。あの日々も無駄ではなかった。つらかったけど、そのおかげで今がある。 仕事も学校もなく、治療だけの日々を「人生の空白」と思っていた。でも、たかだか、長い人生のうち短い期間。濃い。濃いよ〜〜〜〜〜〜。
これから、刺激がいっぱいの娑婆に出て、つらい事ももちろんあるとおもうし、落ち込むこともあると思うけど、この病気に比べれば・・・ 正しいビリーフに自分で直せるようになったし。悲しいことやつらい事も、かならず時間がたてば過去のことになるということがよくわかったし。 がんばりすぎずに、生きていけると思う。
人生は一度きりだからね。自分が心地よいように生きていきたい。 ここのみんなにもらったポカポカを胸に、私は生きていきます。 先生は、やっぱりすごい人。先生は、この病気のことだけを真剣に考えている。 きついこともいうし、むかっとくることもあるけど、それだけこの病気の恐ろしさがわかっているから。
これからも、みんなを救ってあげてください。先生方。本当に感謝感謝感謝。
それから、やっぱり、いっしょに戦ってきたみんなへ。ありがとう。ありがとう。みんなのおかげです。ありがとう。

お祝いメッセージ
東京都世田谷区在住 25歳 女性
私は「人生の勝ち組になりたいでしょ?」、、、って書いた。
おいしいものが食べたいと思っていたあなたに、買ったばかりの、新品グルメガイドをプレゼントした。 毎日、毎日、あの本を楽しそうに見るあなたが、本当にかわいくて、いつもいつもポカポカをもらっていたよ。
嬉しいのが100、でも寂しいのが20くらい存在していた。やっぱり、会えなくなるのが寂しかったから。 あなたの発言は、みんなに大きな希望をもたらす。
みんな、本当に嬉しいと思う。私は、死ぬほどうれしい。 これからもよろしくね。

茨城県水戸市在住 21歳 女性 学生
今日はみんな、本当にありがとう。もっと激情がこみあげてくるかと思いましたが、穏やかに、晴れやかな気持ちで過ごすことができました。
何度も言うけど、ホント「みんなありがとう」って気持ちがいっぱいで、胸がいっぱいです。
大きな壁との闘い、安定しだしたとき、そして、今日という日、、、、、。みんなの支えでここまでこれました。
月並みなことしかでてこないけど、みんなに本当に感謝してます。ありがとうございます。

お祝いメッセージ
東京都練馬区在住 22歳 女性
卒業おめでとう。本当にうれしいよ。
今では、発狂したりすねてティッシュ丸めて投げていた頃が、2〜3年前のような気がしてならないね。 本当は1〜2ヶ月ぐらい前の事なのにね。
今では、本当に立派なすばらしい女性になったね。本当に素敵だよ。みんなの希望の光そのものだよ。
その苦しみや辛さは、私には、想像がつかないぐらい大きなものを沢山抱えていた。
その問題と戦えたのは、もちろんみんなの支えがあったからこそ、出来たことなのかもしれない。 でも、最後は自分自身が真っ向から立ち向かって克服したものなんだよ。
自分には、それくらい強いものを持っているって事だから。
自信を持って、胸張って生きて。 今後、同じような苦しみを抱えている患者さんは出てくると思う。 そのときは、他の誰よりもその子の気持ちをわかって受け止めてあげる事が出来る。それって本当にすばらしい事だよ。 そういう患者さんにとっては、あなたは本当に希望の光だよ。
最後に、心から卒業おめでとう。これからも、マイペース最高で行こうね。

愛知県在住 21歳 女性 学生
相談を受け始めてから、自分でも驚くほど回復することができました。
先生、そして大好きなみなさんには本当に感謝しています。
今の私があるのは支えてくれたたくさんのみなさんのおかげです。心よりありがとうございました。 これから、もっともっと人を愛し愛される人間になれるように頑張りたいと思います。
まだまだ、未熟ですが今私のできる限りの事は精一杯やっていきたいと思っていますので、大好きな皆さんこれからもどうぞよろしくおねがいいたします。

お祝いメッセージ
東京都練馬区在住 22歳 女性
完治おめでとう。本当に良く頑張ったね。本当に嬉しい。
昨日の夜は、これまでの思い出を、たくさんたくさん思い出して泣いたよ。
初めて出会った時、メチャクチャ歩くの速くてなかなか追いつけなかった。 あの頃に比べると、今はとっても落ち着いてのんびりしてるね。
きっと、病気が良くなって意味もなくあせってグルグルすることが減って、生きることに対して余裕が出来たんじゃないかしら? 相談の途中も、普通の人じゃあきらめてしまうような困難な問題を、いくつもいくつものり越えてきたね。
この病気は癌と違って、はっきり眼に見えない病気。でも、どうすれば再発しないか、いくつかのポイントがあるよね。 それをきちんと毎日心の中で復習して、毎日の生活で生かしていけば再発はしないよ。
この病気が治ったことで、Babyは世代間連鎖逃れられたね。本当に良かった。 あなたの病気が良くなった事で、数千人(もっとかも)がHappyになれるんだよ。 それによって、自分もとってもHappyだね。   最後に、本当におめでとう。私は、永遠にそのまんまのあなたが大好きだし愛してるよ。 これからもずっとよろしくね。

※掲載した人たちは、過食症の回復に成功した人たちのごく一部に過ぎません。
比較的若い人を中心に載せてありますが、他にも様々な年代の人たちが大幅回復の偉業を果たしています。 

△このページの一番上へ

   

160811r