摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤乱用)相談
- 読めば止まるホームページ -

過食症は出産後、止まることはあっても治りません

子供がいれば過食が止まると思ったのに

過食症は、出産すれば治るのでは?そう思っているお母さんは少なくありません。
食べたい衝動はきっかけがあって止まることはあっても、治ることはありません。
切迫流産や早産の可能性もある大変危険な病気です。

過食嘔吐中の破水

女性 公務員 28歳 A型 宮城県

私は14歳で初潮を迎えてから、生理不順でした。
2か月〜半年に1回あるくらい。
思春期はそういうものなんだろうなと思いながら、18歳で過食嘔吐が始まり

きっと過食嘔吐の影響だろうな、本にも「生理不順の原因は、過激なダイエット」って書いてあるし。
でも、結婚したら過食嘔吐は止めよう。
そしたら生理も順調になるし

と思っていました。
自分で止められると思っていました。

結婚が決まり、結婚式までの約半年間は「もう止めよう」と毎日思いながら、毎晩の過食嘔吐。
結婚式の夜も過食嘔吐は止まりませんでした。

その1か月後、仕事中に吐き気を感じ、トイレに駆け込みました。
妊娠検査薬の反応は+でした。
生理不順だし、過食嘔吐は毎晩だし、妊娠するわけがないと思っていたのは間違いでした。
最初仕事で迷惑かけるなと思い、次に過食やめなきゃと思いました。

妊娠初期はつわりによる嘔吐。
中期になり食べられるようになると、過食嘔吐しないように我慢しました。
毎晩だったのが週3回くらいに減り、このまま止められるような気がしました。

妊娠5か月頃、胎動を感じ、幸せな気持ちでした。
でも、その頃から、仕事が忙しく毎晩残業になり職場で軽い夕食を食べて嘔吐、帰宅中車を運転しながら過食し家について嘔吐、
夫と襲い夕飯を食べて嘔吐と回数が増えました。
過食を誘発する環境でした。

健診ではいつも尿タンパク(+)。浮腫(+)。貧血のため薬が処方されました。
でも、超音波で見る赤ちゃんは順調に大きくなっていました。

出産予定日の6週間前、産休に入りました。
過食嘔吐してもあまり赤ちゃんに影響はないのかも知れないと間違った考えを持つようになっていました。
日中から過食嘔吐。友達とランチバイキングに言って過食嘔吐。
夫が寝た後に過食嘔吐・・・。
お腹はどんどん大きくなるのに過食嘔吐はひどくなりました。

妊娠36週0日目、夫の言動にイライラし、日中3時間の過食嘔吐。

その夜、12時前にふっと目が覚めました。
「ぱちん」とはじける音がして、お腹の水が流れてきました。
破水でした。
焦り、昼間の過食嘔吐が思い出されました。
産院に着き、約1時間半で出産。2,600gでした。
2日目から母子同室。でも私の赤ちゃんはほとんど泣かず、ミルクも飲まず、寝てばかりいました。
体重はどんどん減少し、黄疸のため皮膚は赤黒く、白目は黄色になりました。
生まれてくるのが早かったんだ、私が悪いんだと自分を責め、泣いてばかりいました。

黄疸の治療のため、退院は1日延期されました。
退院の日、産院の先生に「出産の日の日中何があったの?」と聞かれました。
「日中よく吐きました」と答えました。

先生は、陣痛を感じない代わりに、消化器症状が出る人もいること
例えば分娩を促すために浣腸することがあることを教えてくれました。
私の場合、過食嘔吐が出産を早めたのです。
子宮の収縮と嘔吐は深く関係しているのだとこのとき初めて知りました。
今、娘は順調に育っています。
1か月も早く産んでしまってごめんね。

妊娠しても、過食嘔吐は止まりません。
妊娠中の過食嘔吐は、今までの人生でいちばん後悔していることです。
もう繰り返したくありません。

「一度だけ・・・」のつもりから過食嘔吐が再発

女性 主婦 33歳 O型 千葉県

出産前3ヶ月間、出産後1ヶ月間は過食嘔吐の症状が止まっていました。
それ以外は、11年間、毎日過食嘔吐していました。

妊娠中の過食嘔吐には、多くのリスクが伴います。私は妊娠9ヶ月の時、切迫早産で1週間入院をしました。
「切迫早産」とは、早産の危険が高い状態をいいます。
「早産」は、お腹の赤ちゃんが未熟児で生まれる可能性が高く、それは単に体重が少ないというだけでなく
身体機能が完成されないまま誕生するということを意味します。
特に肺機能などの重要な器官は、完成されるのが最も遅いため、障害をもって産まれてくる可能性があるのです。

妊娠7ヶ月頃に、病院の定期検診で「切迫早産ぎみ」との診断を受けました。
先生には言えませんでしたが、私は自分で過食嘔吐が原因だと思いました。
それまで、「こんな事をしていたら、絶対に赤ちゃんに影響がある」と分かっていながら大きなお腹がパンパンになるまで食べて、お腹が張るのもかまわずに全て吐ききっていました。

吐く時には、子宮が異常に収縮します。子宮の激しい収縮というのは、お産が始まっている状態と同じです。
日常生活ではあり得ない収縮を、毎日繰り返していた為、赤ちゃんを危険にさらしてしまったのです。

「切迫早産」という診断によって、私はやっと我に帰り、その時から過食嘔吐の症状が止まりました。
「赤ちゃんが産まれる」という嬉しさもあったからだと思います。
症状が止まっても、一度下に下がってきた赤ちゃんは、元には戻りません。
結局1週間入院をして、その後も絶対安静を守り、本当に運が良く、無事に出産できました。

本当に運が良かった、としか言えません。子供と、主人と、病院と、全てに感謝しました。

子供が産まれてからは、本当に子供が可愛くて仕方がありませんでした。
しかし、赤ちゃんが小さい頃の24時間育児は大変です。
睡眠、食事、家事の時間も思うように取れません。
夫も子育てに全く参加せず、自分でも「自分で完璧にやらねば」との思いから、全てを背負い込み、ストレスが溜まっていきました。

泣きつづける子供を、ずっとベランダであやしながら
可愛くてたまらないこの子供を、ベランダから投げてしまいそうで怖くなりました。
自分がプツッと切れてしまった時に、何をするか分からない自分、子供を投げてしまいそうな自分がいて、怖かった。
「投げてしまったら、自分も飛び降りるしかない」そう思いました。
それ程張りつめていても、そんな自分の気持ちを主人には言えませんでした。

出産後1ヶ月ほど経った頃、「1度だけ・・・」と思って過食嘔吐した日から、また過食嘔吐を毎日するようになってしまいました。
衝動が起きれば、子供が泣いても放っておいて食べるし、吐ききるまで泣いている子供の所には行けません。
子供の精神面に良いわけがなく、私も自分を責める毎日でした。
子供が自分のこんな姿を見て、意味が分かったら・・・子供への影響が心配でした。
実際、依存症の子供への世代間連鎖の可能性は、大変高率なのです。

ずるずると過食嘔吐を引きずっての、妊娠・出産・子育ては本当に危険です。
若い皆さんは、是非今、この病気と決別して、これからの人生を楽しんで、結婚、出産、子育てをして欲しいと思います。
171026h