摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

妊娠・出産の体験談

過食症は出産しても治りません

妊娠・出産をすることで症状が止まり、病気が良くなる、、、そのような淡い期待を抱く患者さんは少なくありません。
しかし、実際は、病気が良くなるどころか、大切な赤ちゃんにまで悪影響を及ぼすことがほとんどです。
もはや、あなた一人の問題ではない分、病気の深刻性としっかり向き合うことが大切です。

過食嘔吐し放題の人生に邪魔者が

女性 主婦 35歳 A型 福島県

過食嘔吐暦18年。1日2〜8回。結婚して9年。
もちろん、過食嘔吐は結婚する前から。
主人の前では過食嘔吐の「か」の字も触れず、親も私が過食嘔吐していることすら知らない状態でした。
長女8歳、次女6歳。双子の長男次男はもうすぐ4歳です。

過食嘔吐している私が4人の子を出産したのですから、今思うと本当に良くやったと感心します。
初めての出産のとき、好きに過食嘔吐が出来る人生に邪魔者が入り込んだと思いました。

私は、食べて吐く時、左手で胃を圧迫します。
次第にお腹が大きくなるとそれが困難となり、結局はぎゅうぎゅうと大きなお腹を押さなければなりませんでした。

時々過食嘔吐の最中、お腹が張ってきたり。でも、そんなことお構いなし。私の頭の中は過食嘔吐だけ。
だからか、子供はあまり大きくなく体重も4キロ位しか増えず。

妊婦検診ではいつも尿淡白(2+)妊娠中毒症。
そりゃそうだ。
食べ吐きしているから体の中の電解質はバラバラ。4人の子供すべてがそうでした。
特に双子の時は、子供が育たないのです。私の体から栄養なんか行き届くはずがないのです。
自分の体さえやっと生きている状態なのに。生まれてくる双子の子に申し訳ないと思いつつも止められない、過食嘔吐でした。

長女が生まれると、私は狂いました。だって、思うように食べ吐きが出来ないのです。
すぐに泣く。面倒くさい、とラックに縛り付けラックを足で揺らし、私は子供を寝せつける。寝せつける間中、食べる。
そして、寝たな。と思ったらトイレへ直行。

吐いている最中に泣くともう集中して吐けず、イライライライラ。
泣いている長女の首に何度手をかけた事か。「この子さえいなければ」。

大きなダンボールに食事と子供をいれ、まるで子犬にえさを与えるかのように食べさせてた。散らからなくてすむ。
でも食べてくれない。とイラつく。
作った食事を子供の頭から「なんで食べないの」と、罵声を浴びせさせたこともあった。

子供の行動範囲は広がり、トイレに来るようになった。それも私が吐いている最中。私は異常なほどまでに子供を叱り付けた。
しばしば子供の目が怖かった。過食嘔吐している私を見られているようで。
それまで、過食嘔吐を隠し続けてきた私にとって、人間の目が恐怖だった。

子供は、いじめにあい、幼稚園では、給食が食べられず、いつも気持ち悪い。と神経過敏で。
なにかのプレッシャーに胃腸障害を起こすようになり、未だに、何か事あるごとに、食事の取れない子に育ってしまった。

そういえば出産してすぐに、おしりの傷が痛くても、帝王切開で傷がまだふさがらない状態でも、私は、傷を押さえて過食嘔吐していた。
過食するとお腹が膨れ、傷が痛い。吐くとき、傷に力が入り傷がいたい、でもそれを我慢してまでも、食べ吐きしていた。
今、その姿を想像するととんでもないスタイル。おしりを押さえながら吐くんだから。

病気が治ったら必ず子供を幸せにできる。幸せにしてあげたい。今まで苦しめた分。病気が治ったら、必ず必ず。
長女が生まれてからの8年。過食嘔吐していた時間より、これから20歳になるまでの12年間。
何度も苦しみを味あわせてしまった。この子供達4人を幸せにしてあげたい。
そんな心を初めて感じている。

過食しながらも、体外受精→流産。そしてやっと授かった命

女性 主婦 29歳 O型 鳥取県

妊娠すれば、子供が生まれれば、過食は治まると思っていました。
少なくとも、子育てに追われていたらそれどころじゃなくなるかな?って
淡い期待を抱いていました。

拒食の時に生理が止まってしまってから5年間、自力で生理が来たことがなかったから4年間不妊治療しました。
体外受精→流産も経て、今私の元には2人の子供がいます。

妊娠中は悪阻が酷くて、食べたくても食べられなかった。
栄養の点滴に繋がれて、「せっかくの痩せるチャンスなのに」
って、何度も引き抜きたい衝動に駆られました。

生まれてからは、育児に追われてはいるけど、新たなストレス(子供の泣き声、自由にならない時間など)が原因で過食はさらにエスカレート。
泣き声に追われるように食べ物を詰め込む毎日。
泣いている子供をほったらかしにして、1人台所で貪って・・・。

愛情をあまりかけてあげられなくて、そして子供にまで影響を与えてしまう・・・
私は子供を生むべきではなかったんだよね。
でも、生んでしまったんだから、投げ出すわけにはいかない、戻れない。
どんなに憎く思えることがあっても、やっと授かった宝物たち。
私が変わることでこの宝たちにも明るい未来が!
そう思えてきました。

どんな人生でも、1度っきり。それだったら、楽しく生きたい。
170517h