過食症相談トップに戻る

過食・嘔吐・チューイングが与える歯への悪影響

無職 28歳 神奈川県

「歯」
むくみや肌荒れなど色々な合併症がある中で、自分が体験したのは歯の衰退だけです。
毎日嘔吐する生活になって5年で、歯の限界を感じました。
(嘔吐回数が最も多かった頃は、1日10回くらいが1年半)

虫歯が増えて、歯が全体的に黄ばんできて、欠けやすくなりました。
奥歯で神経を抜いて金属を被せた歯は、上下合わせて10本。
今回、歯列矯正とさし歯治療をしたのは、上前歯4本。
治療したこともない・欠けも変形もない歯なんて1本もない。

最初の変化として気が付いたのは
「歯が長くなったような感じ」でした。
でもこれは間違いで、正しくは健康状態の悪化による歯茎の衰え。
次に感じたのは「虫歯の進行が深く早い」こと。
虫歯の痛みの割には「神経取ったほうが良いです」と言われるのが早かったから。

次は「歯石がない気がする、歯が変色してる気がする」ということ。
この時点で、一番外側のコートが薄くなってきたのでしょう、歯も冷たい・熱いを感じるようになってたと思います。
続いて「前歯が少しずつ短くなっている」ような気がしてきて、更に「歯が脆くなっている」と思うようになりました。
前歯が短くなるのは、薄くなった先端部分から少しずつ欠けていったから。

脆くなったと感じたのは、神経除去済みの犬歯が一般的な硬さのもので割れたから。
さすがに「形も色も人に見せるのが恥ずかしいし、不自由だ」と思って、さし歯にしたいと歯医者に相談しました。
(ちょうど相談開始と時期が重なって、相乗効果だったと思います)
歯医者の話では、少し歯列矯正をしてからさし歯にした方が良いとのことで、金銭的負担は増えるけど言われた通りに進めました。
矯正具が着いている時は、やはり少し不便でした。
(過食嘔吐がなければ、さし歯も矯正も必要なかったので)
矯正の時期を見て、さし歯用の根の治療も始まりました。
歯科医療ですから、それなりに痛いです。
神経を抜いた歯でも治療過程でいじると痛い。
仮歯を入れて日常生活を送り、噛めば不慣れなので響いて痛い。
何度か仮歯を調整し、その度に外す時のハンマーみたいな振動が痛い。

最終的には普通の食生活を遅れる喜びになるものの、毎週毎週時間もお金もかかるし、治療で痛くない日はないしで大変。
今回、前歯4本の歯列矯正から完成まででかかった費用は、42万円くらい。
個人差はあると思いますが、嘔吐が歯にもたらす影響は大きい!
こんな経験をする人は1人でも減ってほしいと思いながら書きました。
読んでくれて、ありがとう。
皆が吐かない普通の食生活に戻れますように…。

←メニューに戻る

……………………

過食症相談トップ

パソコン・スマホから摂食障害過食症・過食嘔吐無料相談


160815r