摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

拒食症治療について

太りたくない人へ

「低体重がこのまま続くと危険なので、すぐにでも入院するよう病院で勧められた。」
「あと2キロ体重が減ったら強制入院と言われている。」


・・・『でも、太るのが本当に怖い。』

拒食症で低体重の状態が長く続けば、命の危険があります。

たとえ命が助かったとしても、脳が委縮し後遺症が出る恐れや、無月経になったりと、低体重が及ぼす体への影響は計り知れません。

低体重の状態から脱却するために医療機関に頼ることは非常に大切です。

しかし、「入院治療を勧められているけれど、入院すると拒食から過食になって太ってしまうのが怖い」と思う患者さんも多いのではないでしょうか。

ただでさえ体重が増えることを怖れている患者さんにとって、食欲がコントロールできなくなり、体重が増え続けてしまうことは耐え難いことでしょう。

そのことを怖れるあまりに病院での治療に踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。

センターでは、過食衝動を無くして過食を止めることに特化しています。

過食衝動が起きなければ、過食をしない状態で自分の希望する体重になることが可能になります。

そのため、拒食症で太るのが怖い人は、センターの無料相談を受けてみることをお勧めします。

初回無料相談希望の女性当事者の方は下記フォームより送信してください。相談の秘密は厳守します。

※上記申込みフォームは女性当事者専用です。家族相談はこちらから
再相談はこちらから


△このページのTOP
170521h