摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

告知について

親や夫など家族への摂食障害の告知は大変難しいことですが、過食症の告知をすることで症状が短期間に大幅によくなる例が多数あります。
早く過食を止めたい人は家族に告知し、家族の協力の元で過食症を治すことをお勧めします。「過食症告知の体験談」を参考にしてみるのもよいでしょう。

家族に摂食障害、過食症の告知をすることで、過食症が止まりやすくなります。
センターの相談で過食症の告知をし、過食が止まった人は数えきれないほどたくさんいます。
愛する家族に摂食障害の辛さ、大変さを理解されることで、摂食障害が回復しやすくなったといえます。

しかし、ふつうに過食、嘔吐、下剤、チューイング(噛み吐き)を告知しただけでは
「だらしない」「情けない」「馬鹿なことやめなさい」などと言われてしまい、
かえって摂食障害の回復にマイナスになることも多いのが実情です。

過食嘔吐や下剤乱用を自己流に告知して家族に誤解され、関係が悪化する例も良くあります。
お互いが冷静に対処できる状況で摂食障害の告知をすることが大事です。

そのため、過食症の告知をしたい人は自己流で告知せず、センターと相談(過食症無料相談)しながら告知することをお勧めします。
上手な告知をすれば、摂食障害、過食症は大幅に良くなる可能性があります。

※注意※
人それぞれ、告知をした方が良い場合としない方が良い場合があります。
まずは無料相談を受けてください。
170529h