過食症って、どんな合併症があるの?
HOMEどんな病気?合併症一覧

過食症は心の病気

過食症の大変さや、本当の辛さを理解することは、過食が止まりやすくなる一番の方法です。
過食=必要以上に食べ物を摂取すること。
あなたは『過食症』という病気が、どんな病気か知っていますか?
過食や嘔吐を続けると、これからどんな合併症がでてくるか知っていますか?

※合併症(がっぺいしょう)とは・・・
原疾患(もともとある病気のこと)が前提となって生ずる続発性の病態・病変・疾患を指す。
例えば糖尿病患者が次第に腎症を併発するように、原疾患そのものを原因として発症する病気や症状を合併症という。同義語としては「併発症」、「余病」などがある。(Wikipediaより)

過食症の合併症ってどれくらい大変なの?

過食症は、ある一定の年代になると自然と治ってしまうと安易に考えていませんか? 食べることに喜びを感じるのは年をとっても同じです。80歳になっても過食衝動が止まらなければ、体力が続く限り症状を止めることは出来ないのです。
過食と肥満度

依存症は、年と共に量や回数が段々増える傾向があります。食べ物の依存も例外ではありません。
発症当時よりも、過食の頻度や量が増えていませんか?
過食症の経年増加

胃酸は塩酸と同じくらい強い酸性だということをご存知でしたか?嘔吐が習慣化すれば、当たり前ですが歯にも多大な影響を及ぼします。
歯への悪影響

将来、赤ちゃんが欲しいのに・・・。無月経や月経不順は過食症と多いに関係しています。
女の子としての機能

過食症は身体だけではなく、心も蝕む病気です。うつ病や不安障害、ASD。生きにくさが過食に拍車をかけることはとても良くあることです。
こころの合併症

むくみ、肌荒れ、食道炎。体重は変わらないのに顔だけ丸くなってきた。もしかしたら唾液腺炎かもしれません。
むくみと腫れ

160811r