摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

ダイエットをしたいのに、過食が止まらないあなたへ

”どうしよう。こんなに食べちゃった!”

痩せたい気持ちに反して、とめどなく湧き上がる「食べたい」という過食衝動。
食べてしまったあとの、太ることへの恐怖心と後悔。

痩せたいのに、ダイエットをしたいのに、たくさん食べてしまう自分を責めては、辛い思いをしたことがある人は多いはずです。
そんな「食べたい」という気持ちが強いときは、いったんダイエットはお休みすることをお勧めします。

なぜ?いったんダイエットを休むのがよい理由とは

嫌だ。痩せたい。
ダイエットしたい。
気持ちは痛いほどわかります。

しかし、数日我慢できても反動で過食をしてしまい、それがまたストレスになって過食をした、というような経験はありませんか?
嘔吐や下剤の使用、過度な運動などをして、心や身体がさらに疲れてしまっていませんか?

なぜ、ダイエットをいったんお休みすることを勧めたのか。

それは、ダイエットをするために「食べたい」という強い衝動を我慢をすることで、さらに「食べたい」という気持ちがふくれ上がり、爆発して過食をしてしまうからです。

無理やり抑えつづけて反動がでるのは、自然なこと。
ですがそれは、心にも身体にも大きなダメージを与え、かつ食べ物に振り回された苦しい日々を送ることにつながってしまう可能性があります。

だからこそ、まず過食を「我慢せず」止めることが大切なのです。ダイエットをしたいならば・・・。

ダイエットをするには順番が大切!まず過食を「我慢せず」に止めよう

この話をすると、何度も過食を止めようとがんばっても止まらなかった経験から、「できないから辛いんだ」と思う方も多いと思います。
しかし今までどんなにがんばっても止まらなかったのは、過食を止める方法ではなかったからです。

相談センターは、長年、摂食障害(過食、過食嘔吐、チューイング、下剤常用など)を専門に扱ってきました。
そして、多くの相談者とかかわるなかで、「食べたい」という強い衝動を、無理なく無くしていく方法を見つけ実践しています。
現在、より多くの方に、過食を「我慢せず」止める体験をしてもらいたいと思い、無料での相談を受けています。

これまでどんなにがんばってもできなかったダイエットも、過食を「我慢せず」止め続けることができれば、無理なくダイエットができるようになります。
ひとりでがんばらず、我慢せずに過食を止める体験をしてみませんか?
食べ物に振り回されず、健康的にダイエットをしませんか?

170524s