摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

過食症になったけどダイエットをしたい人へ

過食症だけどダイエットしたい!
食べ過ぎを我慢できないけど痩せたい!

過食を止めなければ、ダイエットはまず成功しません。
一時的に体重が減ったとしても、過食をすれば元に戻ってしまいます。

食べ過ぎを止められないまま体重を落とすには、嘔吐や下剤、利尿剤の使用といった危険な方法しか残されていません。
絶食も、ある意味では極端な我慢に当たるため、反動で一気に過食してしまう危険があります。
運動するという手段もありますが、過食した分を消費するには膨大な運動量が必要な為、あまり現実的とは言えません。

インターネットにはダイエットの情報が溢れています。
しかし、その情報のほとんどは過食衝動(食べたい気持ち)が無い人、つまり、食事をコントロールできる「健常者」に向けて書かれたものです。
食事内容を変えたりカロリー制限をしても、心が食べ物を欲しがる状態が改善するわけではありません。
ダイエットに成功しても、数週間、数年後には過食が再発してしまうケースがほとんどです。

なぜ過食症だとダイエットが失敗してしまうのか

過食症だとダイエットが成功しにくいのは
過食が止まっていない段階でダイエットを始めてしまうためです。

過食で太ったのでダイエットを始めた。
甘ったるいドーナツや菓子パンの画像をネットで見ながら海藻や白滝で腹を膨らませるのが日課で、頭の中はいつも食べ物のことで一杯だった。
数ヶ月間毎日食べたい気持ちを自制心で捩じ伏せて来れたから もう慣れたし一生続けられると思っていた。

だけどある日突然、お菓子を食べだしたらセーブが利かなくなって、胃もたれして気持ち悪くなるくらい(カロリー換算で約3000キロ)食べてしまった。
日ごろの我慢のせいだと思いつつも一日の許容値を大きく超えてしまったことがショックで、その日「もう二度とこんなことするもんか」と心に誓った。

しかし、あんなに反省して悔やんだはずなのに、次の日も、その次の日も同じことを繰り返し。
「あと一個だけ」「あと一口だけ」から始まり、チョコレートやビスケットなど次から次へと開けてしまう。「今日くらいは好きなだけ食べよう」「食べ終わったらウォーキングでもして明日からまた食事制限に励めばいいや」思考を停止して無心でむさぼり、胃がもたれて食べるのを止めた後、冷静にカロリーを概算して猛烈に後悔していた。(女性 24歳 A型 東京都)

過食症でダイエットをするには

では、過食症の人がダイエットを安全に成功させるためには、どうすればよいのでしょう。

まず、過食症でダイエットを始めるには、過食をピタッと長く止めた状態で始めなければなりません。
ピタッと長く止める というのは、我慢して無理やり一日を乗り越える という意味ではなく、
一人前の量を普通に食べて満足することができ、美味しいものもある程度我慢できるような状態です。

完全に過食がなくなり、普通食が食べられるようになって初めてダイエットをすることが出来るのです。


過食を簡単に止めるには

170525h