摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

きっかけは「ダイエット」

ダイエット。
始めるきっかけは人それぞれです。

友達や彼氏、職場の同僚に「太ったね」と言われたり、テレビの中のモデルや芸能人を見て始めたりする人も居ます。

ダイエットを皮切りに過食や嘔吐が止まらなくなった体験談をまとめました。
同じような経験はありませんか?

残念ながら、一度発症した過食症はダイエットを止めて治るものではありません。
ガリガリになるまで痩せるような過度なダイエットは拒食症や過食症を発症させる危険があります。

食べたものをリセットしたい。そんなきっかけで。

女性 会社員 27歳 O型 神奈川県

もともと生理不順だった私は、ピル内服の副作用で過食が始まりました。
3交代と不規則な仕事だったため、いつ食べていいかも分からず、ただただ過食していました。

そして、彼氏や職場の人から、『丸くなった』『太った』と言われるようになり、ダイエットを意識しました。
けれど、食べることを止められず、吐いたら、食べた物をリセットできるのではないかとの安易な考えから、過食嘔吐を始めました。2年前でした。

始めた時は、月に1回過食嘔吐するか、しないか位でした。
そして、過食嘔吐は、自分の意思で、簡単に辞められると思っていたんです。

1年しないうちに、体重は、ピルを内服する前の体重に戻りました。
しかし、その頃には、無心で大量の食べ物を食べて、全ての食べ物を吐きだす事に『快感』『達成感』を見出していました。仕事などでのストレスも、食べ物を吐きだすことで、一緒にリセットできたような錯覚を持ってしまっていたんです。

でも、もともとはダイエットから始まった過食嘔吐。
嘔吐だけでは食べた物が全部身体の外に出たか不安で、時々、下剤を内服するようになりました。
最初は、過食嘔吐した時に、1〜2錠ほど内服していました。
しかし、どんどん効かなくなっているように思えて、また毎日排便が無いと、身体の中に食べ物がずっと残っているよう思えて、内服する回数・錠剤の量も増えていきました。
今では、毎日少なくても6錠。多い時では10錠以上内服しないと安心できなくなってしまいました。

うまく吐けないときは、パニックになってしまうのではないかというほど、ずっと身体から食べた物を出すことに執着して過ごしいる。
そして、過食嘔吐を連日行うと、胃がキリキリと痛み、口の中は口内炎ができ、喉はむくんでいるのか息が吸いにくく感じます。

もう、こんな生活は辞めたいです。
もう2度と、こんなつらい思いをしたくないです。

友達がダイエットをしてた

女性 学生 21歳 岡山県

友達の影響を受けてダイエット。頭からカロリー計算が離れなくなって食べたいものも普通に食べられなくなった。だからダイエットのことを気にしないで普通に食べてる人が羨ましくて仕方なかった。
実習とかのストレスで食べ過ぎるようになって、最初は少ない頻度だったのにどんどん過食する事が多くなった。
食べて苦しくても止められない自分が怖かった。

夜中は自分が持ってる食べ物がなくなると、寮の冷蔵庫を漁って食べ物まで盗って食べて…
仲良しな友達の食べ物まで隠れて盗食して、悪い事だとわかってるのに食欲に勝てなくて汚い自分と食欲抑えれない甘い自分が嫌すぎて、止まらない過食も太ることも友達にバレて友達失うんぢゃないかことも怖くて…誰にもいえなくてしんどかったし寂しかった。

自分が過食症って認めるのも余計に治らなさそうで嫌で認めなかったからもやもやしてた。
きっとこのままだったら自分否定し続けてだんだん過食ひどくなって友達も失うし一人で苦しむことになってた…

ダイエットから拒食症へ

女性 会社員 33歳 東京都

高校の時、きちんとカロリー計算をしながら始めた3kg目標のダイエット。
そこから拒食症が始まり、高校卒業まで続きました。
大学進学で環境が変化したのを機に過食症に転じ、その後何年もの間、短いスパンで拒食と過食を繰り返すようになりました。

拒食期には体重が面白いように減るので、危機感を感じたことはありませんでしたが、過食期になると、日ごとに増えていく体重や、洋服がきつくなっていく感覚に ぶつけようのない怒りや焦りを感じ、いつも人目を気にしてうつむいて歩く毎日でした。
ある日、吐けばリセットできるということに気付き、そこから7年、過食嘔吐が続いています。

私の場合、昼間外にいる時には症状の気配すら感じません。
人並みの量で ちゃんと満腹感も感じます。
なのに、帰宅時になると突然 心にぽっかり穴が開いたような何とも言えない孤独感が襲ってきて、とにかく寂しくて、悲しくて、虚しくて、そんな気持ちのままコンビニやスーパーで食べ物をたくさん買い込み、帰宅するなり無心で食べて、吐ける限り吐く。。。
吐いた後は体重計に乗り、元の体重に戻ったことを確かめるのですが、それでも僅かに胃に食べ物が残っている気がして下剤を大量に服用してから就寝。
昼間の冷静な頭で考えると、夜のたった数時間のことだから何とか理性で抑えられるはずだと思うのですが、いざ仕事を終えて帰路に着くと、完全にそのような考えは頭から無くなり、何かに支配されたかのように心を失ってしまいます。

ダイエットを始めたあの頃、温かい心を持っていた頃の心境を思い出すことはできるのに、戻ることができません。
それどころか、人としての温かさはどんどん失われている気がします。
今は、まだそのことを冷静に考えられる自分が残っています。
温かい心も、理性も、まだ完全には失われていません。
このまま放置すれば、完全に無気力感に支配されてしまいそうな自分がいます。
そうなる前に、何とか ここで、病気と決別したいです。

ガリガリになりたい

女性 学生 19歳 新潟県

私はダイエットがきっかけで今年の4月から過食症になりました。
今考えると私のダイエットの目的はとてもおかしかったです。
とにかく、ガリガリになりたい。
誰よりもガリガリになりたい。
きれいになりたいとか、かわいくなりたいとかあまり思ってませんでした。
ダイエットの目的がおかしかったんですよね。

高校時代までの拒食から過食に移行して。
毎日が地獄でした。
冷蔵庫は何回も開け、家じゅう探し回り、買い出しのためにバイト代を使い。
歩いてる時も、電車に乗ってるときも何かを食べてないと落ち着きませんでした。
一番怖かったのが体重の増加。
吐きたくても吐けないので、体重は7カ月で15キロ以上増えました。
鏡を見たくないから、お風呂に入らないこともありました。
大学も休学するはめに。
バイトもいけなくなり。
友達とも遊ばなくなりました。
自傷行為もしました。

大事な最後の10代の半分は過食に費やしてしまいました。
躁鬱病にもなってしまいました。
あと半分の10代は絶対笑いたい。

炭水化物、ブッフェ、ダイエット・・・

主婦 48歳 千葉県

子供の頃から常に痩せていましたので、体重計に乗るという習慣はなく、ダイエットとは無縁な暮らしをしていました。スポーツをしていたこともあり、太るわけがない、とも思っていました。
30代に入り、それまで似合った服が、最近は似合わなくなったとか、撮ってもらった写真を見ると、最近バランスが悪いなぁ、と思い始めた頃、友人に「あれ?少し太った?」と指摘され「やっぱりわかるんだわ」と思ったのがきっかけで、ダイエットを始めました。

そしてちょうどその頃、久し振りに体重計に乗り、現実の体重を知り、ダイエットに拍車がかかりました。38キロから40キロで、どんなに食べ過ぎた日を送っても44キロは超えたことがなかったのに、気付いたら48キロ後半だったのです。このままでは50キロになってしまう。
それまでの食生活を改め、カロリーを計算。はじめのうちはきちんとしたダイエットでしたが、遠征先の海外へ行くと、アトキンス、低炭水化物、炭水化物抜き・・・・こういうダイエットが沢山。
だんだん炭水化物を摂らない生活をし、カロリーも900キロカロリーを目安に食事をしていました。
どんどん体重は減りました。でも、お腹もいつもペコペコです。フラフラしながらもスポーツも続けていました。
さすがにこれではいけないと、炭水化物の制限はそのままで、他の食品を一日一食きちんと食べることにしました。ダイエットの本を読むと、ストレスもいけない、一ヶ月に一度くらいは解放してあげましょう、と書いてありました。

母がブッフェに誘ってくれました。初めての一流ホテルのブッフェ。たまには、と行って来ました。少々食べ過ぎたものの美味しく頂いて、翌日からはダイエット再開。きちんとできていて、体重もすぐに戻りました。
そのブッフェが、だんだん増えていきました。ご飯やパン、パスタという主食の炭水化物は食べないけれど、他のものはお腹がはちきれそうな位食べるようになりました。それが去年の夏、滅多に食べない生クリーム付きのデザートを食べて気持ち悪くなりました。
過食嘔吐というものが、あることは知っていました。その日も、絶対に吐いてはいけないという気持ちの一方で、吐いたら楽になる、食べた分もゼロにもなる、という気持ちが交差する中、乗り物酔いも手伝って、帰りの道中のトイレで、耐え切れず吐いてしまいました。パンパンになったお腹も、生クリームのせいで気持ちが悪かったのも、全てスッキリしました。

その後も過食はあったものの、嘔吐はありませんでした。
過食をしても次の食事を自分なりにコントロールできていました。
でも、つい最近のこと。
今までたいして執着のなかったパンやご飯が無償に食べたくなる時が来ました。
一度食べたら、とっても美味しくて、すごく幸せな気持ちになりました。
それからです、どんどん食べてしまうようになりました。

摂食障害になって

女性 自由業 19歳
はじめまして!
私は1年前から過食症に悩ませてていました。
摂食障害のきっかけは 彼氏です。
その彼に出会う前、私は無理なダイエットをしていました。
彼氏のために頑張る!といって食べる量を極限まで減らして
頑張っていたのですが、彼に振られてしまいました。
その後その彼は私と仲のいい友達と付き合うことになりました。
悔しさと辛さ そしてやりきれない気持ちでいっぱいになり
何も手につかず、拒食状態になりました。
口に入れる気力もなく噛むこともめんどくさくて
友達には ヤツレタ。大丈夫? などと心配され
親にも ダイエットしすぎ!いい加減にしなさい。 と怒られる日々。

疎外感でいっぱいで みんなに笑われてるんじゃないかと
マイナス思考になり 食べられない日々が続きました。
そんな時 心の穴を埋めてくれるような新しい彼ができました。
失恋の話を聞いて 一緒に共感してくれる彼のおかげで
すっかり拒食も回復し、幸せな日々を送っていたつもりだったのですが
彼の様子がだんだんおかしくなっていきました。
口調も荒くなり 気に入らない事を頭ごなしに叱られるようになりました。
痩せろ といわれ続けた結果、わたしは過食に走ってしまいました。
辛さを和らげるには過食しかなく 食べまくりました。
彼とは別れて 残ったのは リバウンドした体重だけ。
無理なダイエットで痩せた分はすべてリバウンドしました。

170521h