摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談
- 読めば止まるホームページ -

家族・関係者相談について

摂食障害(過食症、拒食症、過食嘔吐、下剤乱用、チューイング等)を治そうとしない、または治し方が解らず苦しんでいる
苦しそうな患者さんにどう対応すれば良いのか困ったことはありませんか?

センターでは、摂食障害のご本人だけでなく、ご家族や関係者を対象にした有料相談(家族・関係者相談)も行っています。

センターの家族・関係者相談では、
◇病院での治療を拒否する患者さんへの接し方
◇過食を止めたくても止められず自暴自棄になっている患者さんへの接し方
◇医療機関での治療効果が感じられず、苦しんでいる患者さんへの接し方
などの基本的な相談から、患者さんを見守る家族や関係者の悩みまで幅広く対応しています。

どう対応することが本人、家族や関係者にとって一番良いことなのか、この機会に覚えましょう。
家族・関係者相談を受け、対応の仕方が解ったり、本人に治す意欲が湧いたりすることで、双方の負担が大幅に軽減できる可能性があります。
カウンセリングや病院、クリニック、精神科、心療内科の治療でも改善しなかった。
そんなご家族や関係者の方も、あきらめずにご連絡ください。

相談対象

摂食障害本人(女性)のご家族または関係者

家族・関係者相談の詳細を希望する方へ

家族・関係者相談について、詳細を希望する方は下記のフォームから送信してください。

171012e