摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談
- 読めば止まるホームページ -

無料相談よくある質問

スタッフはどんな人たちなのですか?
全員女性で過食症経験者です。相談センターで相談を受け、過食や過食嘔吐を長期間安定的に止め続けることに成功しています。
難病に登録されている摂食障害、過食症を大幅に回復した経験を生かし、一人でも多くの人に過食症を克服して幸せになってもらいたいという思いで、みなさんの回復のお手伝いをしています。
無料相談で高額なお金を請求されることはありませんか?
希望しない方に有料相談を勧めることは一切ありません。安心して無料相談を受けてください。
有料相談の内容については有料相談窓口のページをご覧ください。
本当に過食や嘔吐が止まりますか?
相談者の9割以上の方が症状が減ったり止まったりしています。また、再発した場合は再相談ができます。
過食嘔吐をしなくなったら太るのではないかと不安です。
過食衝動を無くさないまま体重や食行動をコントロールしようとすると大きなストレスになり、かえって過食が増えたり太ったりしてしまうことがあります。
センターの相談を受けて過食衝動自体が無くなれば、吐かずに痩せることができます。
なぜ電話番号が載っていないのですか?
相談希望者の数が多く、スタッフは手一杯の状態です。一人でも多くの方の相談を受けることを優先しているため、相談業務に支障が出ないよう、電話番号は載せていません。ご了承ください。
治したいけれど、過食ができなくなることがさみしいです。こんな私でも過食を止められますか?
治したい気持ちがあれば大丈夫です。
過食衝動が無くなれば過食しなくても普通のごはんで満足でき、過食が無くなってしまうさみしい気持ちは減っていきます。
これまで色々な病院に行きましたが、全然効果がありませんでした。また裏切られるのではないかと不安です。
現代医療の摂食障害に対する一般的な治療は、症状には着目せず、心の回復を重視したやり方が主流です。なかなか過食が止まらないのも無理はありません。
センターでは、何をおいてもまず過食を止めることを重要視しています。
そのため、心が楽にならなくても、今の性格のままでも、過食を止めることが可能です。
あらゆる治療を試みても症状が改善しなかったという方も、諦めずにご連絡ください。
雑誌に吐くことは普通のダイエット手段として載っていました。
止めようと思えば止められると思うのですが、これでも病気ですか?
止められる人は、今すぐに止めた方が良いでしょう。
習慣化すると自分でコントロールできなくなる可能性があります。
難病化すれば、仕事や家事、育児すらできなくなってしまう病気です。
個人情報が漏れることはありませんか?
センターでは相談者の方の個人情報は責任を持って管理しています。
相談内容が外部に漏れることもありませんので、ご安心ください。〔個人情報保護基本方針
171003h