摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

摂食障害の初診はどこに行けば?

摂食障害ってまずは何科に行けば良いですか?

まず、摂食障害である患者さん本人が、何に困っているか、何を治したいかによって受診する治療機関、診療科が変わってきます。
日本では、ひとつの治療機関だけで摂食障害に関わるすべての問題を網羅することはできないからです。

摂食障害と一口に言っても、その症状は多彩です。
食行動の異常だけで言っても、拒食、過食、過食嘔吐、チューイングなどがあり、それに伴う身体合併症もそれぞれたくさんあります。

摂食障害を患っているほとんどの方は、過食や過食嘔吐、チューイングを止めたいと望み、食行動の異常に困っていることでしょう。

過食や過食嘔吐を止めるために、医療機関や専門の治療機関でどういった治療を受けられるのかを知りましょう。
精神科では抗うつ剤や抗精神病薬の処方を受けたり、施設によっては認知行動療法、対人関係療法、カウンセリングを受けることができるでしょう。これらは効果があるとも言われますが、過食衝動を消失させる治療法ではありません。
あなたが、もし、認知行動療法を受けたいと考えるならば、認知行動療法を受けることができる精神科受診をお勧めします。
あなたが、もし、がまんせずに過食や過食嘔吐を止め続けたいのであれば、まずはセンターの無料相談または過食が止まる在宅療法を受けることをお勧めします。

170526h