摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

合併症の原因と根本的な解決について

過食や嘔吐が原因で、生理が止まったり、歯が溶けたりする合併症が起こります。
下剤を使い過ぎれば、下剤無しでは排便出来ない状態になることもあります。
食べ物の費用が足りなくなれば、水商売や万引きをしたりするかも知れません。

摂食障害の合併症は、心にも体にも大きな負担が掛かるものばかりです。

では、どうしてこのような合併症を引き起こすまで、食べることを止められないのでしょう。
分かっていながらも、食べてしまうのでしょう。

その原因には、過食衝動が大きく関係しています。

過食を我慢できる=過食症が治る ではありません

過食や嘔吐を止めようとする時、ほとんどの人は「意思の弱さが原因」と思い込み、「我慢する」という方法で解決しようとします。

しかし、我慢をしている状態は、症状の原因になる「過食衝動」が既に出てきてしまっている状態です。
衝動があるのに食事の量をコントロールしたり、無理に我慢したりするとかえって症状が悪化しやすくなります。



その為、過食や嘔吐等の症状を止め続けるには、大元の原因にあたる過食衝動を無くす以外に方法はありません。

過食衝動を無くせば、「食べたい」と思わなくなります。
結果的に過食を止め続けられ合併症がなくなるのです。

合併症を改善したいなら、まずは過食衝動を無くすこと。

センターでは過食衝動を無くす為の相談を受けています。
合併症を改善させたい方は是非こちらのページも参考にしてください。

無料相談窓口
過食衝動についてもっと詳しく知りたい

170718h