摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

摂食障害、過食嘔吐のBMI値について

BMIを計算しましょう

このページでは、簡単にあなたのBMI(肥満度)を計算できます。

身長と体重を入力し、計算ボタンをクリックして下さい。

身長はcm
体重はkg 

 

あなたのBMIはです。

※表示されない場合はブラウザのJavaScriptの設定を有効にしてください。

BMI18.5未満の人は要注意

 一般的にBMI値18.5未満は低体重と言われています。
摂食障害の症状があってBMI18.5未満である場合、やせに伴う身体合併症のチェックのため、医療機関を受診した方が良い場合があります。
また、BMI17未満の摂食障害の方の身体治療を行う場所は2次医療機関、BMI15未満の方では2次〜3次医療機関が望ましいかもしれません。

※2次医療機関:入院施設のある医療機関
※3次医療機関:高度医療を提供できる救急病院や研究施設のある大学等

BMIに関する留意点
BMI値は体重を評価する上で簡単な目安となるものです。
例えば、BMI 18.5以上で標準体重であったとしても、食べ方がおかしい、体型・体重に過度のこだわりがある、過食や嘔吐をする等の症状があれば摂食障害である可能性があります。BMIが18.5未満であっても、過食や嘔吐をすることなく、食べ物に縛られないで生活出来ている人は必ずしも摂食障害とは言えないでしょう。
また、成長過程にある子供に用いることはできません。

170517h