摂食障害(過食症・拒食症・過食嘔吐・チューイング・下剤常用)相談

摂食障害の症状とは?

摂食障害の症状は、二つのタイプに分けられます

摂食障害の症状には、@過食衝動が起こり食べる量をコントロールできなくなるタイプと、A食べることが出来なくなるタイプの大きく二つに分けられます。
このページでは、@の「食べ過ぎ」に関する症状の特徴を取り上げます。

食べることに関する症状

摂食障害の方の食べることに関しての症状には、以下のようなものがあります。

・お腹がいっぱいで、もう止めたいと思っていても、詰め込むように食べる。
・たくさん食べて、嘔吐する。この繰り返し。
・たくさん食べた後に、過度な罪悪感、抑うつ症状のため外出もままならない。
・たくさん食べた次の日は絶食をするなど、厳しい食事制限を行っている。
・太ることを避ける目的として、習慣的に下剤、浣腸、利尿剤などの薬を常用している。
・太ることを避ける目的として、強迫的な運動を行っている。
・食物を噛んで吐き出す。
・上記の食事行動のため、あるいは、食べ物のことで頭がいっぱいで、日常生活をうまく送れない。

体重・カロリーへの執着、過度なやせ願望

食事に関する不自然な行動以外にも、摂食障害の方には、さまざまな症状があります。

体重やBMIは平均、またはそれ以下なのに、「もっと痩せなきゃ」という気持ちがずっとあったり、ダイエットやカロリーの事が頭から離れない・・・そんな事はありませんか?
摂食障害になると、自分のボディイメージが客観的でなくなることがあります。
周囲の人から見たら十分痩せている、又はガリガリなのに、鏡に映る自分自身は太って見える・・・。 冷静に考えると怖いことですね。
「もっと痩せなきゃ」という焦りの気持ちは、過食を助長することもあり、悪循環に陥っていきます。
体重や体型に過度に囚われてしまうのも、摂食障害患者さんの特徴のひとつでもあります。

170517h